沿革・特徴

1947(昭和22)年に、ガラス工場を創業し、体温計、温度計、電球の製造をはじめたが、1955(昭和30)年に優れた技術を工芸硝子に生かし、花器等を手掛けるようになる。
 その技術は、卓越技能賞受賞・日展入選等を果たすとともに、赤坂迎冥館のシャンデリアや正倉院宝物の復元品等で知られるところである。
主な製品

 ガラス花器(1万円〜30万円程度〉
製造者名

 上越クリスタル硝子株式会社
住所

 〒379−1305
 利根郡みなかみ町後閑737−1
問い合わせ先

 TEL 0278−62−2211
 FAX 0278−62−2215