沿革・特徴

 お椀等の起源は、文徳天皇の第一皇子惟喬親王が木の下に落ちた椎の実のへたからヒントを得たとされている。
 沼田桑細工は、奥利根産の桑を材料とし、伝統のロクロ技術によつて作り出されたもので、菓の木目の美しさ、上品さは多くの人に親しまれている。
主な製品

 茶筒(7,000円程度から)椀(2,600円
 程度から)湯看み(2,200円程度から)
 なつめ(抹茶容器)
製造者名

 一倉 誠
     忠
 (沼田こけし工芸)
住所

 〒378−0016
 沼田市清水町4280
問い合わせ先

 TEL 0278−22−5030
 FAX 0278−22−5030